ブログトップ

竹内通雅blog

tugablue.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

4作品原画展

f0112284_1063993.jpg
f0112284_107549.jpg
f0112284_1095675.jpg
f0112284_10102886.jpg
4月出版の絵本 「島のゆうびんやさん」(理論社/作・石津ちひろ) 「きんたろう」(小学館/文・杉山亮) 「走れメロス」(ほるぷ出版/文・太宰治/編・齋藤孝) 「やまのくじら」(架空社) 4冊分の原画展を今夏に開催します。

場所:ギャラリーここ!ふらここ  期間:8月20日(木)~9月1日(火)

開催中の8月21日(金)には、ワークショップやトーク&ギターショウなどのイベントもあります。詳細は確定次第またアップいたします。
[PR]
by tugablue | 2009-06-30 10:24 | イベント情報

泣くライオン

f0112284_8212167.jpg
きのうは「タコはなび」(小学館「めばえ」9月号)の絵とテキストを渡し、午後からは「飛ぶ教室」(光村図書)用の挿絵を6枚描きました。

上の画像、これはいったい何をしている場面でしょうか?7月25日発売「飛ぶ教室」18号をご覧くださいね。
[PR]
by tugablue | 2009-06-26 08:39 | 日記

おなら絵本

f0112284_13302848.jpgきのうは「おならは とっても」(日本標準ぴぴっと付録絵本11月号/文・木坂涼)のラフ画を描きました。

初めての<おなら絵本>です。

当然ながら「ぶっ ぷす~ ぶぼ」などなど、とてもよい音がたくさん出てくるんだよ。


さてさて、この画像の女の子の音は、どんなかしら?
[PR]
by tugablue | 2009-06-25 13:49 | 日記

タコはなび

f0112284_837512.jpg
きのうは午後から、小学館「めばえ」9月号用の絵を描き始めました。作・絵で5ページ「タコはなび」です。
月曜日までの作風とは打って変わりました。ユルユル弛緩して、ヌケヌケ脱力しておりますがな。なんかラムチャプッチャの兄弟みたいな色違いのサカナも登場しちょるし・・・・。

それはそうとワダス「タコはなび」ベースにして新作絵本、作れちゃうで!
[PR]
by tugablue | 2009-06-24 08:59 | 日記

「月でん」完成

f0112284_846296.jpg
f0112284_8462571.jpg
「月夜のでんしんばしら」(ミキハウス/さく・宮沢賢治)の作画が完了しました。明日、一部加筆した表紙を渡して、とりあえず一段落です。

宮沢賢治が想い描いた情景はこんな感じだったのではないかと、僭越ながらそれぞれの場面を想起しつつ、自分なりの解釈で描かせていただきました。解りやすく見晴らしのよい絵が描けた!と自負しております。

上の画像は「見返し」用の絵です。
直接的に本文にはない場面ですが、行間から立ち上がっても不自然じゃないイメージを、モノクロームで描きました。本文作画中に、何故か幾度となく脳裏に現れたイメージです。
実際の絵本では、淡色と単色網掛けの印刷で、もっと落ち着いた雰囲気になるかな。


よい絵本になりますよ!
発売はちょっと先の10月1日、おたのしみに~!!
[PR]
by tugablue | 2009-06-22 23:45 | 日記

電信柱隊

f0112284_191538.jpg
恭一という男の子がある晩に線路の横を歩いていると、とつぜん右手側のシグナルが横木を下げました。するといきなり線路の左側の電信柱たちがいっせいに行進を始めたのです。その行進は、やがて「電気総長」なる小柄な老人が登場し、汽車がやってくるまで続きます。そしてシグナルが横木を上げると、このお話の幕となるのです。9月の夜のほんの短い間の、ファンタジーなのでした。
[PR]
by tugablue | 2009-06-09 19:03 | 日記

でんしんくん

f0112284_10214154.jpg
ドツテテドツテテ、ドツテテド・・・・ある晩、鉄道線路の左側のでんしんばしらが、いっぺんに北のほうへ歩き出したのです。

どうも、またまた久しぶりの更新になってしまいました。

「月夜のでんしんばしら」(ミキハウス/さく・宮沢賢治)の作画をやっています。今回はリキテックス厚塗りで、がっつり描いてます。またまた肩にどっぷりチカラが入ってます。
昨今ヌケのよいイラストが絵本でも「脱力してて気持ちええ・・・」とかなんとか言われてもてはやされるのは理解できるとしても、そんなんワダスにも描けまっせ。
しかし今回もダメダメ、ヤワなふにゃちん!じゃダメなん。だって直立歩行の電信柱だもんね。電信柱を軍隊に見立て、工兵隊、竜騎兵、てき弾兵それぞれ一列一万五千人もおるですから。あ、軍隊たって別に好戦的な話のとは違いますよ、どこまでも膨らんでゆく夜の空間が愛しくなるような童話なのでした。
[PR]
by tugablue | 2009-06-08 10:20 | 日記