ブログトップ

竹内通雅blog

tugablue.exblog.jp

夜、4ヶ月ぶりにギターの弦を張り替えた。
4ヶ月も張り替えなかったのは怠慢ではなくケチったのだった。張り替えの目安は3弦のコイル部分がほつれて切れて ポソッ って音しか出なくなったらなんだけどね。ギターが新しくまだフレットのエッジが立ってたころは、1週間で3弦が駄目になりバラ売りのない特殊な弦なのでその度に全弦総取り替えしてました。そうしているうちに2年が過ぎフレットも磨り減ってきて滑らかになったか、3弦も2週間3週間1ヶ月ともつようになり、最近では4ヶ月経ってもコイルが切れないから張り替えを逸していたのである。
本当は全弦の音質が劣化しているのだからとっくに張り替えないとギターが可哀想なんだけど、一応音が出てるのになあと思うと貧乏性っていうかケチっていうか・・・・・・・・。

しかし、今回4ヶ月ぶりに張り替えてみると、その音質のあまりの違いに驚愕したのだ。
なまめかしくも艶やかにギターが生き返ったようだ。いきなり巧くなったようにすら聴こえる。さっきまでとはまったく次元の違う音色、出てなかった音が出てきて倍音がきれいにのってくる。

なんでももったいないではすまされないのである。

僕と僕のギターのために、せめて1ヶ月に一度は全弦の張り替えをしようと痛感したのだった。
f0112284_10372386.jpg

[PR]
by tugablue | 2007-07-19 23:47 | 日記
<< マイスペース ボクちゃんはダメダメちゃん >>