ブログトップ

竹内通雅blog

tugablue.exblog.jp

もちづき

僕の出生地では、年末29日の餅つきを くんちもち と言って避けておりました。
9という数字が 苦 につながるという語呂合わせ的説もありはしますが、まあそんな年の瀬もさし迫った日にバタバタと餅なんかついてんじゃね~よ、年末は急な用事がもちあがったりしがちなんだから、もうちょっと余裕をもって早めについときゃいいじゃ~ん ってなことなんでしょうね。
以下


Commented by リチヲ at 2006-12-26 21:09 x
もち 高いですよね。普段は手が出ないのですが、この季節になると田舎から届くのです。オレ別名「望月さん」と呼ばれるぐらい
もち好き。これだけはお酒と同じで飽きません。貧乏人だしモチ焼くの上手いですよ(笑  


Commented by tugablue at 2006-12-27 08:58
望月さん・・・・・・・・・・う~んうまい!いいね~座布団一枚w
そっか~、オレも好きだけど正月のようにひんぱんだと飽きちゃうんだよ。だいたいカビはやかしちゃう。スーパーから買ってくるのはカビないよね~、アレね~きっとアレなんだよね~。

でも正月以外にも真夏でも、パワーつけたいとき蕎麦屋で「力うどん、力そば」注文するよ。「ぎょく入りで~!」って生玉子落としてもらったりしてね。

あ、そういえば農文協で「もちの絵本」描いてんだ、オレ!


Commented by ツーくん at 2006-12-27 10:15 x
あっ、二番弟子も もち 大好物だってよ。

あのぉ~、一番も二番も「望月」ってんで、師匠の留守にこっそりもちを焼いて食べておったんですな。でぇ、ここんとこのもちの減り方が尋常じゃあないので不審に思った師匠、ある日でかけたふりをしてそお~っとふすまのすきまからふたりの様子をうかがっておりました。するってえとー、案の定ふたりの「望月」が火鉢を囲んで、なにやらこそこそとやっておるんですわ。もちを焼いて食べているんですな。そこで師匠、ふすまをすっと開けると苦虫を噛み潰したような顔で仁王立ち。いや~そりゃあふたりはびっくりしたのなんのって。もちをのどにつまらせて目を白黒させながら腰を抜かしたように動けない。それを見とどけるようにして師匠は、おもむろにふところからもち米の入った布袋を取りだすってえと、ふたりの望月に差しだしながら言ったんですな 「これっ、おまいたち。これで・・・・・・ もちつき ・・・・・なさい」

テケテンテンテン、おあとはよろしいようで・・・・・・・


Commented by リチヲ at 2006-12-27 14:27 x
お〜、すばらしい!
落語が一つ生まれてしまいましたね〜(笑
「落ち着きなさい!」と「餅つきなさい」と「望月」と
トリプルミーニングになっとるとですね。
でも「もちづき」って落語の題名にありそうですもんね。
「おまいたち…」っていうのがいかにも江戸っ子っぽい(笑

田舎から送られてくるのは、市販のモチです。一個づつパックされてるやつ。そうですね〜きっとアレなんでしょうね…。


Commented by tugablue at 2006-12-28 12:49
あ、ツーくん。
やってしまいましたね。

トリプルミーニング!おー、リチヲさんわかりましたかあスンバラスィ~。

おもしろいからコレ、近々オモテにアップしましょうね~w



追記

昨夜の友人宅すき焼き忘年会、ひさしぶりに牛肉食べたけどうまかったな。
ああ、やっぱり牛肉っておいしいんだなあ・・・・・・・と感慨に耽りました。BSEの件以来、なんとなく気分的に疎遠になっちゃってたんだよね。でも、サシが入ってるのなんか口の中でほあ~ってとろけるんだ。え~~っ、肉ってこんなに柔らかだったっけか・・・・・てな感じ。
毎日は飽きるからいらないけど、思い出したころにまた食おうぜ~!
[PR]
by tugablue | 2006-12-29 23:04 | 日記
<< 1月7日と1月14日 充実 >>